湯みくじ

ひらやま温泉 温みくじ

日本初となる温泉につけると占いの文字が浮き出てくる"おみくじ"です。

平山温泉名物「温みくじ®」(おんみくじ)※は温泉(水)に浸すと占いの文字が浮き出てきます。温泉に浸って神様と絆を結びましょう。1回300円(税込)です。

由緒ある平山阿蘇神社や湯山薬師堂(平山薬師堂)にもどうぞ参拝くださいませ。

平山温泉観光協会の会員旅館・温泉施設でご購入いただけます。

「温みくじ®(おんみくじ)は、一般社団法人平山温泉観光協会の登録商標です。

平山温泉 温みくじ(1回) 300円(税込)

ご購入方法

平山温泉観光協会の会員旅館・温泉施設で販売しております。

おみくじについて

おみくじは、神様や仏さまからのメッセージです。
おみくじに書かれてることが良い意味でしたら御守のように、悪い意味でしたら自分への戒めとしたり注意すべき事として持ち帰ります。
ふとした時に読み返すと良いそうです。
これは吉凶にかかわらず神様からいただいた大切なものは身につけて持ち歩くといわれていることからきているそうです。

おみくじを木に結ぶ

結ぶということ自体に意味があり、これは神様と縁を結ぶとされています。
『木には神や精霊が宿るとされその生命力の高さにあやかり願い事がしっかりと結ばれる』という意味もあります。

温みくじ結び木/温みくじ結び処 について

平山阿蘇神社の階段を上がり右手に”榊の木”がございます、また左手に導きの神様、出会いの神様でもある猿田彦神が祀られています。

 

おみくじの必要がなくなったときは、感謝の意味を込めて神社やお寺に治めましょう。(必ずしもおみくじを引いたところでなくてもよいようです)