平山温泉の周辺には、平山阿蘇神社や湯山薬師堂などお参りできるパワースポットがありますが、福岡方面からのお客様が利用される九州道「菊水インター」から10分ほどのところにも話題の神社があります。

その名は、「竈門菅原神社」(和水町)です。「かまど」と話題のアニメ「鬼滅の刃」の主人公の名前と同じですが、菊池川にほど近いこのエリアは「鬼王神社」(南関町)もあります。

今回は「竈門(かまど)菅原神社」をご案内いたします。

菊水インターを降りたら、この標識に従って、左に曲がります。大河ドラマで有名になった「金栗四三の生家」方面です。

700mほど走ると、「金栗四三の生家」に向かって、さらに左に曲がります。

「竈門菅原神社」(和水町)の駐車場は、幹線道路沿いにあり、広くて停めやすいです♪

神社の正面です。堂々たる構えですね!

竈門菅原神社は、「鬼滅の刃」聖地としてネットや地元テレビで話題になり、鬼滅の刃ファンの参拝客が目立つようになりました。

平安時代の永祚元年(989年)に創建とされ、主祭神は学問の神様 菅原道真公なので、受験を控えるお子様連れにもオススメです。

 

社殿の天井には戦前から由来のある大きなプロペラが設置されています。リゾートホテルの吹き抜けにあるシーリングファンみたいですね。

このプロペラは「鬼滅の刃」の時代背景である大正時代のもの。大正11年のワシントン軍縮条約締結後、不要となった海軍の水上機の木製プロペラを戦意高揚のため奉納されたと記されています。ネットで調べたところ、竈門菅原神社のある和水町の竈門地区東部には昭和20年初頭、幅900m、全長1.5kmの「竈門飛行場」とも呼ばれた「陸軍山鹿秘匿飛行場」があったそうです。「山鹿」の名前の入った飛行場があったとは驚きです。


その昔、天孫降臨のときの道先案内をしたと言い伝えられている神様「猿田彦大神」も祭られています。

駐車場とは逆側に、表玄関となる大鳥居が立っています。写真の右手に見える緑の先には菊池川がゆったり流れています。

最近は、菊池川でスタンドアップパドルボード(SUP)を楽しまれる方もいらっしゃいます。

 

オリジナルの絵馬の無人販売もされています。

願いを込められていたり、イラストや漫画が楽しく書かれた絵馬などを皆さん書かれているようです。

アニメの衣装を着て、コスプレをされている方々も多いようです。

丁寧な注意点が書かれていますので、ルールやマナーを守って楽しんでくださいね♪

地元和水町のご出身のバドミントン選手「廣田彩花」さんの応援ノボリがたくさん飾られています。廣田彩花選手は福島由紀選手とともに「フクヒロ」ペアの愛称で活躍されています。オリンピックに向けた応援の取り組みだそうです。

今回は、竈門菅原神社を紹介させていただきました。

温泉に入る前後に、のんびり散策するにはちょうどよい立ち寄りスポットです。

梅の花も咲き始めてきて良い雰囲気ですので、春を感じに訪れてみてくださいね。

 

<竈門菅原神社(かまどすがわらじんじゃ)>

住所:熊本県玉名郡和水町竈門103
電話番号:0968-86-2127(和水町観光協会)
アクセス:九州自動車道・菊水ICより車で約10分